Flax Scanner for Case Mark

ケースマークの写真から記載情報を読取り、システム上の貨物情報と自動照合するシステムです。

サービス資料を
ダウンロードする
お問い合わせはこちら

輸出入貨物の対査業務でこんな課題ありませんか?

輸出入貨物の対査業務における現状フロー

○○業務における現状のフロー

Flax Scanner for Case Markなら、全体の業務効率化を図ることができ、
クロスラベルの貼り間違いも防止することができます。

○○業務における現状のフロー

Flax Scanner for Case Markの詳細資料はこちら

サービス資料を
ダウンロードする
お問い合わせはこちら

Flax Scanner for Case Markの特徴

様々なフォーマットのケースマークを高精度で読み取り可能

ケースマークの汚れなどのノイズを自動で除去が可能

お客様の業務に合わせたシステムの構築が可能

開発~導入までのSTEP

  • 業務分析
    お客様の現行業務やデータを分析し、AI開発の要件や開発目的を明確化する
  • POC(実証実験)
    技術的に難易度の高いポイントに絞って小規模にAIモデルを開発し、技術的な検証と改善点を洗い出す
  • 本番開発
    PoCにて洗い出したAIモデルの改善点を元に追加で開発し、場合によっては周辺システムを含めた開発も行う
  • 導入
    現場への導入をし、必要に応じて追加学習や改修作業をする。導入方法は案件によって異なる

Flax Scanner for Case Markの詳細資料はこちら

こんな方におすすめです!

  • 対査業務に課題を持っている方

  • 倉庫でのAI活用を検討している方

  • DX・AI活用推進担当の方

サービス資料を
ダウンロードする
お問い合わせはこちら