スマート保安支援サービス

事故報告書やヒヤリハット、運転指示書など、多くの企業が保有している事故に関わる情報から、事故の概要や発生状況、原因を
AIが抽出・学習・データベース化し保全業務に活用することで、保安領域における総合保安力の向上を実現します。

サービス資料を
ダウンロードする
お問い合わせはこちら

安全・保全業務において、こんな課題ありませんか?

課題の要因として過去データが活用できていないという問題があります。

工場毎に入力のフォーマットが異なる

紙の書類がデジタル化されていない

熟練者と新人では使える知識に差があり、判断が属人化する

スマート保安支援サービスなら、
AIを活用することにより保全業務における過去データの有効活用を促し、
保安領域の課題にアプローチします。

○○業務における現状のフロー

スマート保安支援サービスの詳細資料はこちら

サービス資料を
ダウンロードする
お問い合わせはこちら

スマート保安支援サービスの特徴

独自の自然言語処理技術を活用し、事故データを構造化

技術用語や企業独自の単語をAIで学習させることが可能

他システムとの連携が可能なカスタマイズ性がある

開発~導入までのSTEP

  • 業務分析
    お客様の現行業務やデータを分析し、AI開発の要件や開発目的を明確化する
  • POC(実証実験)
    技術的に難易度の高いポイントに絞って小規模にAIモデルを開発し、技術的な検証と改善点を洗い出す
  • 本番開発
    PoCにて洗い出したAIモデルの改善点を元に追加で開発し、場合によっては周辺システムを含めた開発も行う
  • 導入
    現場への導入をし、必要に応じて追加学習や改修作業をする。導入方法は案件によって異なる

スマート保全支援サービスの詳細資料はこちら

こんな方におすすめです!

  • 環境・安全・保全業務担当の方

  • スマート保安の推進をしたい方

  • DX・AI活用推進担当の方

サービス資料を
ダウンロードする
お問い合わせはこちら